#movie

【迷ってる人へ】動画配信サービスおすすめ8社を徹底比較|2019

更新日:

動画配信サービスに興味があるけど、どれを選べばいいか迷っちゃう
おすすめは何?
それぞれ特徴やメリット・デメリットを教えて欲しい

そんな方のために、動画配信サービス8社を試した私が、おすすめサービスを7つの観点からをランキング形式で徹底解説しています。

今回比較した条件は次の7つ!

①「配信作品数」

②「月額料金」

③「画質」

④「同時視聴可能端末数」

⑤「オフライン視聴の可否」

⑥「無料トライアル期間」

⑦「作品ラインナップ」

動画配信サービスを選ぶ上で重要なポイント7つを基にどのサイトがおすすめかランキングにしました。

サービスを選ぶ上で最も重要なのが “観たい作品があるのか”です!

どんなに作品数が多くて、料金が安くても結局自分が観たい作品がラインナップされているかが大事です。

観たい作品があるのは前提として、料金や観れる作品数、大画面のテレビで観るなら画質も気になりますよね。

もっと言ってしまえば、家族や恋人とシェアして使う予定の人は同時に何台観れるかも知っておきたいポイントです。

それらをまとめたのが下の表です!

動画配信サービス8社比較!ラインナップは好みに個人差あるため省略しています

ランキングを基に、それぞれの特徴やメリット・デメリットを順番に解説していきます!

おすすめ動画配信サービスランキング!

動画配信サービス8社の特徴やメリット・デメリットをおすすめ順に紹介していきます。

1位【Hulu

出典:https://www.happyon.jp

◇特徴

Huluの1番の特徴は完全月額制であること!

一般的に 他のVODサービスでは最新作や人気シリーズを観るのに“課金やポイントの利用が必要”ですが、Huluならラインナップされている作品であればどんなに観ても料金は変わりません!

月額料金と作品数・ラインナップのバランスが最も良いサービスです!

新作映画は見られませんがU-NEXTを超える海外ドラマの充実度を誇っていますし、

何より他と違って「見放題作品」かどうかを気にしなくていいのが、使っていて楽なポイントでした!

◇メリット・デメリット

メリットとデメリットを箇条書きで紹介しています。

✅メリット

①無料で約50,000本の作品すべてが楽しめる

②観れる作品数が多いのに月額料金が安い

③PPV(ペイパービュー)がなく完全月額制

④海外作品も豊富にラインナップ

⑤ドラマやバラエティなどテレビ番組の見逃し配信

⑥テレビやゲーム機、PC、スマホなど様々な機器でみれる

✅デメリット

①無料トライアルが14日間と短い!

②同時視聴できる端末は2台だけ

③新作映画には弱い

メリット・デメリットの詳しい内容はこちらの記事で解説しています。

メリット・デメリットも詳しく解説しています。

2位【U-NEXT】

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 17522cc153aa106649b7f96185147176-768x344.jpg です
出典:https://video.unext.jp

◇特徴

U-NEXTは「最新作品の配信の早さ」と「業界No.1の作品数」が特徴です!韓国ドラマにVODの中で一番強いです。

新作の映画もレンタルショップと同時期やそれよりも早く配信されます!

作品数なら14万本と圧倒的ですし、その中で追加料金やポイント消費なしでみれる作品が9万本もあります!

「最新作品の配信の早さ」と「業界No.1の作品数」!

月額料金はやや高いですが、その分1200円分のポイントがもらえるので、実際はかなり安いです!

さらに同時視聴できる台数も4台と多いので家族や恋人などと料金をシェアするのもお得ですね!(⚠️履歴は共有されませんのでご安心を)

◇メリット・デメリット

メリットとデメリットを箇条書きで紹介しています。

✅メリット

①豊富な作品が見放題(90,000本以上)、ポイント作品も合わせると140,000本以上

②無料トライアル登録で600ポイント、契約後は毎月1200ポイントがもらえる

③4アカウントまで同時視聴ができる

④新作の配信が早い!

✅デメリット

①全ての作品が見放題ではない点

②月額料金が少し高い

メリット・デメリットの詳しい内容はこちらの記事で解説しています。

メリット・デメリットも詳しく解説しています。

3位【Amazonプライム・ビデオ】

◇特徴

Amazonプライム・ビデオの特徴は動画サービス以外にも充実したサービスがあることです。

プライムビデオは動画配信サービスの中では非常に安く提供されています(さらに学生割引もありますよ!)。

その分作品数も少なめですが、自分の見たい作品があれば非常にお得なサービスです!

動画以外にも便利な得点は以下の通りです!

動画以外のプライム会員特典

・アマゾンでの2,000円以下のショッピングの送料350円が無料

・日時指定便、お急ぎ便の手数料360円~514円が無料

・プライムミュージックで100万曲以上の音楽が聞き放題

・プライム・フォトに容量無制限で写真を保存できる

・Kindle端末に対象書籍を毎月1冊無料ダウンロードできる

などなど!たくさんあります!

普段からアマゾンで買い物をする人や、音楽をよく聞くといった人なら十分元が取れますね!

【完全無料】amazon プライムビデオ 30日間無料トライアルの申し込みはこちら

◇メリット・デメリット

メリットとデメリットを箇条書きで紹介しています。

✅メリット

①30日間の無料トライアルがある

②約20,000本の動画が見放題

③スマホにダウンロードして外出先でネットを使わず視聴できる

④学生なら月額250円 or 年額2450円で利用できる

⑤さまざまなAmazonプライム会員特典が使える

✅デメリット

①ラインナップが少ない

この点以外は申し分ないのですが、ラインナップは重要です!

メリット・デメリットの詳しい内容はこちらの記事で解説しています。

メリット・デメリットも詳しく解説しています。

4位【dTV】

出典:https://pc.video.dmkt-sp.jp

◇特徴

dTVは12万作品が月額500円という圧倒的コスパが特徴です!
韓流ドラマやハリウッドのドラマに強い特徴があります。
基本的にラインナップは他と比べて一般的です。

同時視聴できないというのでシェアしたい人には不向き!

◇メリット・デメリット

メリットとデメリットを箇条書きで紹介しています。

✅メリット

①31日間の無料トライアルがある

②120,000が500円/月という圧倒的なコスパ

③オフライン視聴で外出先でも楽しめる

④韓流やハリウッドなどの「ドラマ」につよい

✅デメリット

①複数端末での同時視聴ができない

②新作や優良作品に追加課金(PPV)が発生

③画質が悪く感じる人もあり

dTVは料金が圧倒的に安い分、作品数やラインナップはU-NEXTの下位互換といった印象です。

無料トライアルがあるので、試してみて、満足できないようならU-NEXTへ移行するのがおすすめです!

5位【NETFLIX】

出典:https://www.netflix.com/jp/browse/genre/839338

◇特徴

アメリカでテレビ並みの影響力を持つ動画配信サービスなのがNETFLIX。

画質や同時視聴できる台数によって料金は3つに分かれています。

アメリカのドラマに強く人気のオリジナル作品も豊富です。

◇メリット・デメリット

メリットとデメリットを箇条書きで紹介しています。

✅メリット

①初月無料!

②オリジナル作品が面白い!

③4K画質のコンテンツが豊富

✅デメリット

①作品数が少なく日本国内作品に弱い

②最安プランでは満足しづらい

NETFLIXのいちばんのメリットは話題のオリジナル作品です!

NETFLIXオリジナル作品 例1
NETFLIXオリジナル作品 例2

ここでしかみられないオリジナル作品は非常に魅力的です。

しかし、日本の国内作品は少なく、全体の作品数も少なめなのでランクは低めです。

6位【FODプレミアム】

出典:https://fod.fujitv.co.jp/s/

◇特徴

FODの特徴はフジテレビ作品を独占して扱っている点です。

コードブルーや踊る大捜査線シリーズなどの人気作品を配信しています!

◇メリット・デメリット

メリットとデメリットを箇条書きで紹介しています。

✅メリット

①1ヶ月の無料期間あり

②フジテレビの人気作品が観れる

③毎月1,300円分のポイントがもらえる

✅デメリット

①作品数は他に比べ少なめ

②オフライン視聴や複数端末で同時視聴ができない

③テレビやゲーム機での視聴は対応していない

フジテレビのドラマが観たい方はFOD一択です。独占配信なので新作のフジテレビドラマにおいて右に出るVODはありません。

しかし、あくまでテレビ局が母体のサービスのため、テレビでの視聴といったスマホ・PC以外での視聴には向いていません。

また、オフライン視聴もできないので外出先で楽しむには不便です。

7位【TSUTAYA TV】

出典:https://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/vod/top.do

◇特徴

TSUTAYA TVはラインナップの少なさと画質が他に比べて劣るので低めの順位となっています。

しかし、無料体験のお得さはトップクラスです!
2417円分のサービスが無料で使えます!

さらに無料体験の時も含めて毎月1,080円分のポイントがもらえるので、レンタル作品も5本くらい観れます!

◇メリット・デメリット

メリットとデメリットを箇条書きで紹介しています。

✅メリット

①「TSUTAYA DISCAS」付きの30日間の無料お試し期間がある

⇨TSUTAYA DISCAS付きの無料体験は簡単にいうと、TSUTAYA TVのサービスに加えて宅配レンタルでDVDを8本借りられます。

②毎月1,080円分の動画ポイントが貯まる

✅デメリット

①見放題の作品数が予想以上に少ない

②見放題作品は吹替と字幕の一方のみ

③SD(標準画質)の作品が多い

「TSUTAYA DISCAS」が気になる人やメリット・デメリットの詳しい内容を知りたい方のためにこちらの記事で徹底解説しています。

メリット・デメリットの詳しい内容を解説しています。

8位【Rakuten TV】

出典:https://tv.rakuten.co.jp/static/guidance/

◇特徴

Rakuten TVは基本的な利用料は無料ですが、ジャンルごとにお金を払って見放題プランの契約をしていくようなシステムです。

楽天ポイントが使えるので楽天カードでよく買い物をするような人にはお得です。

しかし作品数やラインナップは他のサービスに比べ劣る印象です。

◇メリット・デメリット

✅メリット

メリットとデメリットを箇条書きで紹介しています。

①31日間の無料期間がある

②楽天ポイントが使える

③ダウンロード機能があり外出先でも楽しめる

✅デメリット

①料金プランがわかりづらい

②作品ラインナップが微妙

一番のメリットは楽天ポイントが使えるという点です!これまで紹介した他のVODサービスの方が全てにおいて優っている印象です。

まとめ

いかがでしたか?

本記事では動画配信サービス8社をおすすめ順に紹介しました。

使う人によっては求めるものが違うので上位陣のランキングは変わってくると思います。

ただ、迷ったら自分が観たい作品があるかを確認してHuluかU-NEXTを選んでおけば間違いはないと思います。

-#movie

Copyright© char blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.